Concept

No Border.
基礎化粧品に悩む時代はもうおしまい。

お肌の悩みを解決する上で欠かすことのできない基礎化粧品。しかし、環境の変化による肌質・肌悩みの変化やアイテムの多さによって、 何を選べば良いかがわからなくなっている方も多いのではないでしょうか? 医学・薬学的見地から誕生したRHRブランド。 私たちが叶える美しさに、肌質や性別、年齢といった境界線はありません。 どこよりもわかりやすく、効果的にあなたの未来を美しく彩ります。

美と健康の再生・復活

RHRとは、Rejuvenate, Heal & Revive の略で、「(あなたを)若返らせ、癒し、(あなたの若さ/美しさと健康が)再生・復活する」ことを表しています。

医療系の美容エステサロンのパイオニアである Dr.MASAKO。医師としての観点から、数千人の肌トラブルと向き合ってきた経験をもとに、これまでの施術方法や化粧品を基本から見直し、きめ細やかでデリケートな日本人の肌に導き出したのがRHRです。 このオリジナルのRHR美容メソッドは、Dr.MASAKOに認定されたサロンと、そのエッセンスを濃密に組み込んだ 「RHR ホームケアシリーズ」でご堪能いただけます。

ラセンシアは、メディカルエステのパイオニアとも言うべき Dr.MASAKOが開設した医学・薬学的見地と女性としての美と健康の視点をあわせ持ったメディカルエステティックサロンです。ラセンシアでは、医師/Dr.MASAKOと熟練のエステティシャンとが連携し合い、医学的な観点から施術を行なっています。

RHR製品を購入する

Inventor

メソッド考案者”Dr.MASAKO”

RHRの考え方は
「予防医学」です。

いつもありがとうございます。RHRブランドオーナーの Dr.MASAKOこと、久持聖子(ひさもちまさこ)です。今、ネットや雑誌を見れば情報や商品が溢れ、何が良いのか逆に分かりにくい時代です。だからこそ、本物を選ぶ力が必要になってきます。 RHRは医学薬学に基づいて、私がドクターとしての見解と女性としての視点で選び抜いたサロン施術やホームケアアイテムを提供しています。皆様が健康や自分を大切にすることに目を向け、 ストレスを軽減したり、身体に良いものや心地よいものを選ぶことを習慣にして、美しくなって気持ちまで明るくなっていく。RHRがご提案しているのは、まさに「予防医学」なのです。 「毎日を健康に、美しく楽しい人生を送る」そのために、皆様にとって一番近い存在でありたいと願っています。

医師: 久持聖子(ひさもちまさこ)
1960年 /大分県中津市生まれ
1985年 / 久留米大学医学部卒業
久持クリニック副院長 株式会社エリシャルーム代表取締役
エステティックサロン / ラセンシア久留米、
ラセンシアアンジュ福岡天神、ラセンシア中津オーナー

Flow

RHR BEAUTY METHOD/お手入れの流れ

サロンケア

メイク落とし

洗顔

ゴマージュ

角質ケア

ハーブピーリング

Cysay導入

鎮静パック

Cysay ODT

ホームケア

落とす

炭の吸着成分によってメイクや皮脂汚れをしっかり落とし、その後に使用する基礎化粧品の浸透を助けます。 また、抗酸化作用や脂質の生成を抑制することが期待できる「アルニカ花エキス」や 「セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス」など6種類の植物エキスがお肌のキメを整え、滑らかにしてくれます。

洗う

特徴的なきめ細やかで、ふかふかの濃密泡がお肌にピッタリと吸着。お肌を摩擦で傷つけることのない、ストレスフリーな洗い心地を実現しています。 お肌の古い角質などを取り除きながら、植物幹細胞エキスが素肌へと潤いを与えます。

取り除く

酵母エキスやアンズ種子、数種類の植物幹細胞エキスを贅沢に使用。潤いを与えながら優しく皮脂の詰まりや汚れを取り除き、その後に使用する化粧水やローションなどの浸透力アップが 期待できます。マイクロプラスチックビーズ不使用の環境にも配慮したゴマージュです。

癒す

伸び良くスゥーっとお肌に浸透する美白ジェル。有効成分にトラネキサム酸とグリチルリチン酸ジカリウムを配合、 また他にもヒアルロン酸、プラセンタ等々、女性にうれしい成分を贅沢に配合。「美白・保湿・ハリ」を手に入れたい方はぜひお試しください。

潤す

ブタ歯髄細胞順化培養液を配合。乾燥がちな肌表面にうるおいやツヤを与えます。お顔だけでなくボディにもお使いいただけます。

仕上げる

230種類以上のGF成分を含む「Cysay/不死化人歯髄幹細胞培養液」を配合した美容クリーム。ハリのある健康的なツヤ肌へ導きます。

あなたの美容概念が変わる。
Cysay(幹細胞培養上清/再生因子)、登場。

About “Cysay”

「Cysay」とは

Cysay(サイセイ)とは、株式会社サイセイ社が保有する国際特許技術によって生み出された、カラダのあらゆる部分の細胞を作る「幹細胞」を培養する過程において、 細胞培養液に放出される生理活性物質(サイトカイン)の上澄み(上清)のことです。この培養液上清には、EGF(表皮細胞成長因子)、FGF(線維芽細胞成長因子)、PDFG(血小板由来成長因子/線維芽幹細の増殖促進)など100 種類以上の成長因子が含まれています。美容成分は含まれていません。(※1)

Cysay自体には美容化粧品の様な「美容成分」は含まれていません。その訳は、肌の表面に美容成分を残して肌を整えるのではなく、Cysayに含まれる様々な成分が角質から表皮、 真皮層まで到達して、幹細胞そのものを再生する働きがあるからです。つまり、元々持っている、ご自身で肌を蘇らせる力を高めるのです。
(※1)一部の製品を除く

Why “Cysay”

なぜ「Cysay」なのか

美しくなる自力を取り戻す。
だからCysay。

従来の化粧品は、お肌のトラブルが起きた後に一般的な美容成分を含んだ化粧品でお手入れをする「対処美容」でした。 しかし、これでは美容成分は角質層より下の層まで十分に届きにくく、美容効果には限界があり、美容・健康の悩みを完全に解決し切ることは不可能です。

お肌のメカニズム

お肌の一番上にある表皮細胞をつくり、ターンオーバーを行なっている「表皮幹細胞」。表皮を下から支え、肌のハリや弾力をキープしているのは、真皮内にあるコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸。 真皮には、これらの成分をつくり出す「線維芽細胞」が存在し、線維芽細胞は「真皮幹細胞」から生み出されています。人間のお肌はこのようなメカニズムで成り立っています。

この表皮幹細胞や真皮幹細胞の力が衰えるとターンオーバーの周期が遅れたり、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の供給も減ってお肌がハリと弾力を失います。 これがシワとタルミの原因です。つまり、お肌の老化は表皮幹細胞や真皮幹細胞の減少によって起きているのです。この幹細胞の数は50代にもなると10代の頃の4分の1のまで減少をしてしまい、 幹細胞自体も加齢とともにその働きが鈍くなっていきます。

Cysayは美容成分の浸透による効果ではなく、
体内の細胞力を活性化させるまったく新しい機能を持っています。

Cysayは表皮細胞の受容体と結合し、体内の細胞へ再生信号を送り活性化と再生化を誘発。表皮幹細胞の再生は肌のターンオーバーを正常に戻し、 真皮幹細胞の再生によって、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの美肌成分の供給を蘇らせます。 つまり、肌表面上の見せかけの「美しさ」を作るのではなく、自己の細胞再生力を取り戻して、 自分自身の再生力で「美しさ」や「若さ」を作り出していくという、理想的な肌美容法。その核となるのがCysayなのです。

成長因子を超える不死化幹細胞培養上清液「Cysay」

一般的な成長因子を含む製品は、生物製剤であるがゆえに個体差があり、
製品の効果性が安定しないことが大きなウィークポイントでした。
この問題を解決したのが「Cysay」です。
Cysayは国際特許技術で『幹細胞の不死化』を実現。
安定した成分(生理活性物質/サイトカイン)を生み出す高品質な幹細胞だけを選び、
「培養上清液」を採取することが可能となりました。
生物製剤の弱点をクリアし、且つハイクオリティになった「Cysay」の誕生です。

一般的な成長因子

Cysay(幹細胞培養上清/再生因子)

幹細胞の寿命

幹細胞には寿命がある。
(およそ4週間で死滅する)

幹細胞の不老不死化に成功。
(クオリーメン社の世界特許)

成分の安定性

幹細胞自体に個性(=バラつき)がある。 培養液に抽出される成分(さまざまな成長因子を含むタンパク質の総称/サイトカイン)も不安定で、 成分が安定したものもあれば、安定しないものもある。

幹細胞の不死化技術によって、安定した成分(サイトカイン)を生成する「優秀な幹細胞」だけを選び出すことができる。

品質の安定性

幹細胞自体にバラつきがある再生因子を含んだ化粧品の品質は安定しない。
(製品の美容効果にバラツキがある)

不死化された優秀な幹細胞を使用しているので、高品質のサイトカインをずっと安定して生成し続けることができる。
※不死化された優秀な幹細胞を培養して生成される高品質の培養液上清をCysayと呼ぶ。

原材料

各メーカーによって使用している幹細胞は異なる。

医療レベルで管理された「ヒト幹細胞培養液上清」と「ブタ歯髄幹細胞培養液上清」を製品特性によって使い分けて使用。
安心のMade in JAPAN

ProductRHR製品を以下からご購入いただけます。